小学校の入学式の時に親が着ていく服は華美ではないモノの方が良い事を念頭に置いてない人は結構多い?

春になって来ると思い出すのは、やはり卒業式や入学式の事だと言う人は多い気がします。

今はもう成人している、かつて小学生や中学生だった人の中には昔の自分の事を思い出す事もあると思いますが、現在これから小学校や中学校の入学式を迎える子供が居るよ!と言うお宅では、卒業式や入学式に参列しようとしている家族の服装に頭を悩ませている事でしょう。

特に、小学校に入学する新一年生の子供が居る!と言うお宅では、お父さんもお母さんもどの服を着て行こうか?いつもの会社に行く時に着ているスーツで良いのかとか、着物が良いのかどうか迷っていると言う話もチラホラ目にしますが、実際の所小学校に入学するのは子供で、子供が主人公であると言う点を忘れないで欲しいですね。

今は大人の、かつて小学校の入学式の事を思い出している人の中には、当時の事を鮮明に覚えている人も多い事でしょう。

自分のお母さん、ちょっと地味だったとか派手な衣装で恥ずかしかった~とか親の服装を気にしていた子供も居れば、全く親の服装など気にしなかった子供も多かったと思います。

中学校の入学式では、そんなに親や家族が大勢見に来ると言う事も無くなっていたりするものでしたが、小学校ともなると何故か一族総出で見に来ている人達も居るので、小学校の入学式はある意味一大イベントになっている所もあるのかも知れません。

更に、子供の入学式で子供がスーツを着ているのなら分かるのですが、親の方が豪華絢爛な着物の衣装を着ていたりしているのを目にする事も多いので、出来れば子供より目立たない服装で出席して欲しい気がします。

多分、入学式とか卒業式の様に、親が一堂に会する機会はあまり無いと言う事で、自分自身の存在意義を服装で知らしめよう?としているのかどうかは分かりませんが、存在を目立たせようとしたい心理がそこに働いていると思われます。

友人や親族の結婚式に呼ばれる時も、花嫁さんよりも目立つ凄い衣装を着てくる人を何人か目にする事もあると思いますが、そんな感じの人が子供の入学式でも子供よりも目立つ衣装を着てきてしまうのでしょう。

この、誰よりも豪華な目立つ衣装を着てしまう人は、多どうしてもそうしなければならない使命感?の様なものが体に染みついている可能性が高いので、注意しても治りにくいと思った方が良さそうです。

他の、どんな服装で入学式に出ようか迷っている人は、特に華美ではない普通のスーツだったり、スーツが無いと言う人は地味目の服装で固めて行けば問題は無いでしょう。

これから小学校に入学する子供が居ると言う事は、小学校の卒業式や中学校の入学式と卒業式までは親が割と出かけていく事が多いので、その都度服装は華美ではないモノを着ていく事を念頭に置いて欲しいともいます。

おすすめの記事